忘年会パーティ&永年勤続表彰式 みどりヶ丘病院

大阪府高槻市にある社会医療法人祐生会 みどりヶ丘病院におつとめの皆さまの忘年会の司会をつとめてきました。

 
こちらの病院は、OBCラジオ大阪「桑原あずさのaslife」のコーナー「ワンポイントホスピタル」で先生や看護師の方々にお話をしてもらうお時間をご一緒しております。
出演くださった先生方ともお会いできましたよ^^

総勢約800名の方々がおつとめされおり、救急医療をはじめ、24時間体制の総合病院です。忘年会に皆さまが参加することはできません。

みどりヶ丘病院では、忘年会だけではなく、おつとめの皆さまがライフスタイルに合わせて参加できる日帰り旅行やBBQ、海外旅行、親睦会などの機会を大切にされているそうです。

日々、病気と闘いながらお仕事をされている皆さまが、前向きに、いきいき働くことができるような環境づくりをされていて、素敵だなと思いました。

日ごろの疲れを癒されながら、わきあいあいとお話をされ、楽しまれている様子が伝わりましたよ^^皆さん本当にわいわいお話を弾ませていらっしゃりました。
新しくお勤めになる方々の紹介のお時間や、この1年を振り返り、チームでいただける理事長賞、医院長賞の発表などもありました。


中でも、一つ印象にのこりましたエピソードがあり、書き留めておきたいなと思いました。
永年勤続表彰式で、30年お勤めされた方の言葉を一部だけご紹介させてください。

「30年前、院内保育園でわが子を預けながら務めていたこの場所で、今は娘が私と同じ看護師になり、孫を預けている。30年間はあっという間でした…こんなに長く、働くことになるとも思っていませんでした。感謝ばかりです‥‥」

今でこそ、女性もどんどん働く社会となっていますが、30年前に24時間体制の病院で保育園にお子さんを預けながら仕事をされていたことをイメージしただけでも、本当に大変なことも沢山あったのではないかと思うのです。医療人として30年社会に貢献されてきたお母さまの姿を見ながら大人になられた娘様が 同じ仕事を選ばれたことにも感動しました…

私もがんばろう!と元気を沢山いただきました。そして、いろいろな場で司会をさせてもらえるたびに、皆さまと感動できることに感謝の気持ちばかりだな・・・と思いました。

みどりヶ丘病院の皆さま、ご一緒できましたことを心から感謝します。本当にありがとうございました

今回の会場、アンシェルジェ・マリアージュのエントランスが可愛かったので、思わず写真撮影をしてしまいました😊

※年内開催の司会業のご依頼は締め切りをさせていただきました。
新年からの開催のお問いい合わせはいつでもお待ちしております。
こちらをご参照ください
MCについて

いつも最後までお読みくださりありがとうございます。



this is default footer data

academy sharing a.s.をフォロー